プロフィール

1975年1月15日 岡山県総社市生まれ

学歴

1993年3月 岡山県立総社高等学校 卒業
1993年4月 岡山大学薬学部製薬化学科 入学
1997年3月 岡山大学薬学部製薬化学科 卒業
1997年4月 岡山大学大学院薬学研究科製薬化学専攻 入学
1999年3月 岡山大学大学院薬学研究科製薬化学専攻 修了
1999年4月 岡山大学大学院自然科学研究科生体調節科学専攻 入学
2002年3月 岡山大学大学院自然科学研究科生体調節科学専攻 修了
       博士(薬学)取得

学生時代の主要業績

Negishi, K., Williams, D.M., Inoue, Y., Moriyama, K., Brown, D.M. & Hayatsu, H. (1997) The mechanism of mutation induction by a hydrogen bond ambivalent, bicyclic N4-oxy-2'-deoxycytidine in Escherichia coli, Nucleic Acids Res., 25, 1548-1552.

Moriyama, K., Negishi, K., Briggs, M.S.J., Smith, C.L., Hill, F., Churcher, M.J., Brown, D.M. & Loakes, D. (1998) Synthesis and RNA polymerase incorporation of the degenerate ribonucleotide analogue rPTP, Nucleic Acids Res., 26, 2105-2111.

Moriyama, K., Otsuka, C., Loakes, D. & Negishi, K. (2001) Highly efficient random mutagenesis in transcription- reverse-transcription cycles by a hydrogen bond ambivalent nucleoside 5'-triphosphate analogue: potential candidates for a selective anti-retroviral therapy, Nucleosides, Nucleotides, Nucleic Acids, 20, 1473-1483.

Otsuka, C., Kobayashi, K., Kawaguchi, N., Kunitomi, N., Moriyama, K., Hata, Y., Iwai, S., Loakes, D., Noskov, V.N., Pavlov, Y. & Negishi, K. (2002) Use of yeast transformation by oligonucleotides to study DNA lesion bypass in vivo, Mutat. Res., 502, 53-60.

 

職歴

2002年4月~2004年3月 東京大学先端科学技術研究センター 科学技術振興特任研究員

主要業績

Moriyama, K., Kimoto, M., Mitsui, T., Yokoyama, S. & Hirao, I. (2005) Site-specific biotinylation of RNA molecules by transcription using unnatural base pairs, Nucleic Acids Res., 33, e129.

Kimoto, M., Moriyama, K., Yokoyama, S. & Hirao, I. (2007) Cytostatic evaluations of nucleoside analogs related to unnatural base pairs for a genetic expansion system, Bioorg. Med. Chem. Lett., 17, 5582-5585.


2004年4月~2007年9月 就実大学薬学部 助手・助教

主要業績

Suzuki, T., Moriyama, K., Otsuka, C., Loakes, D. & Negishi, K. (2006) Template properties of mutagenic cytosine analogues in reverse transcription, Nucleic Acids Res., 34, 6438-6449.

Moriyama, K., Suzuki, T., Negishi, K., Graci, J.D., Thompson, C.N., Cameron, C.E. & Watanabe, M. (2008) Effects of introduction of hydrophobic group on ribavirin base on mutation induction and anti-RNA viral activity, J. Med. Chem., 51, 159-166.


2007年10月~2013年3月 大塚製薬株式会社 製剤研究所研究員

主要業績

国際特許出願:Otsuka Pharmaceutical Co., Ltd.: Dihydrate of benzothiophene compound or of a salt thereof, and process for producing the same., International Publication Number: WO2013/162046 A1


2013年4月~2018年3月 就実大学薬学部 講師

2018年4月~現在に至る 就実大学薬学部 准教授

 

資格

1997年6月 薬剤師免許取得

 

プライベート

家族構成:妻、長男(中3)、次男(小6)

趣味:マラソンやってます。
   <ベスト記録>
   フルマラソン:2時間50分09秒(とくしまマラソン2017)
   ハーフマラソン:1時間19分09秒(第71回香川丸亀国際ハーフマラソン)

   東京マラソン2018準エリート枠出場!
   http://www.okayamamarathon.jp/2017/02/15/1/


その他:古都スポーツ少年団サッカー部コーチ
    JFAサッカー4級審判員
    ファジアーノ岡山熱烈サポーター